こんにちは。

f:id:rurulily:20160311073947j:plain

venezia とあるカフェにて

 

 

気付けばブログをほとんど開くことにないまま二週間ほど経過していました。

(本当に継続できない性格を治したいですね。書き始めるといろいろ凝り始めるのに。笑)

 

2月の終わりからイタリア旅行に行っていて記事がおろそかになったというのもあるんですが、ちょっと面倒なことが起こったんです・・・。

 

 

 

イタリア旅行・食旅!

f:id:rurulily:20160311075118j:plain

今回は友達が日本からやってくるということで、1週間休みを取ってイタリアのベネチアとミラノに行ってきました。

 

旅行の感想を一言でいうと、おいしいおいしい。

 

それくらい本場のイタリアンが本当においしかった!!!最高です。やみつきです。

 

写真は私が幼いころから愛してやまないボンゴレビアンコ(現地ではSpaghetti alle vongole)これを毎日食べてました。笑

 

やはりフランス料理と比べて日本人の味の好みに合うのはイタリアンだと思いました。

フランスももちろんグルメ界のトップクラスを走る国ですしミシュランガイドに載るようなレストランのフレンチはそれはもうおいしいんでしょうが、イタリアは安いものでも何を食べてもレベルが高い気がします。

 

また後日私たちが行ったレストランも後日まとめてみたいと思います。

イタリア通で食通の叔母にしっかり叩き込まれたレストランたちなので信用してください。笑

ちなみに私とその友達はともに名言「おいしいもの食べて太るなら本望」を生み出したデブ友なのでまったく食にお金をケチりませんでした。

 

みなさんもイタリアに行ったらぜひ食にお金をかけてくださいね!!

 

 

 

そんなこんなで旅行記はまた別に書くとして、今日は私の身にふりかかった災難をまとめます。

 

 

災難① ミラノでスリに遭遇

言葉通りですが、ミラノの地下鉄に乗っていた時のことです。

普通に立ったまま友達とおしゃべりしていたらリュックのファスナーを開けられました。

背中に振動を感じすぐに振り返るとそこにはいつのまにか音もなく一人のおばさんが・・・。

幸いすぐに気づきリュックを自分の前に持ったので何もありませんでしたが、スラれかけるという体験になかなかのショック受けました。

私の場合ファスナーの振動はよく伝わるし、リュックの中のさらにファスナー付きのポケットに貴重品を入れていたので防備はしていたんですが、やはり旅行には肩掛けかばんが一番気持ち的にも安全だと思います。

災難というほどでもないですがショックだったので一つ目がこれ。

 

 

災難② ミラノのホテルでなめられる

泊まっていたホテルに都合で延泊を申し出たところ、わりと感じの悪い男性に思い切りイタリア語なまりの英語で「80ユーロ」と言われました。

しかし疲れていたのかテンパっていたのか、なぜか私ははじめ「8ユーロ」にしか聞こえず、え?8?となっていました。(自分も悪い)

するとその男性が、突然大声を出して「エイティーユールルルルルロォ!!!!」と言ってきたのです。

日本のサービスに慣れ切っていた温室育ちの私たちは唖然・・・。

結局その日は考えますとだけ言って寝ましたが、翌日の受付の方がとても感じのいい人で結局延泊(笑) 最終的に66ユーロで済み昨日のは何だったのか、という話。

アジア人差別かなあ・・。

 

 

災難③ ホテルのドライヤーが壊れて頭が冷たい思いをする

文字通り。笑

 

 

災難④ 帰りのバスでスーツケースを盗まれる

はい。最大の災難です。

スーツケースごと盗まれました。

どういうことかというと旅からの帰り道、私はミラノからニースまで長距離の高速バスを利用していました。

乗客はみなバスに乗る際に荷物をバスの下側の貨物室に入れたんです。もちろん私も入れました。

バスは途中ジェノヴァで停車し、そこで人の乗り降りがありました。

 

はい、新しい人が乗るということは貨物室が開くわけです。そこに泥棒がいたわけです。盗られるわけです。たまたまです。不注意でもアジア人だからでも何でもなく、ただただ運が悪かったのです。

 

ニースに着いて絶望しました・・。

イタリアで昨日手に入れたばかりの、海外にしか売っていない新品のポラロイドカメラが入っていました。

必需品のヘアアイロンも、一眼のレンズやバッテリーも、洋服たちも、眼鏡も、ベネチアで買ったお皿も、全部消えました。

貴重品が無事だったとはいえショックがあまりにも大きかったです。。どの瞬間も油断ならないのだと、日本ではないんだと実感しました。

 

ちなみにそのバス、メールではニースに14時半着とのことでしたが実際は16時半に着きましたからね。笑

8時間半もかかるなら電車を選んでたし盗まれてなかっただろうと思うと無念がつのります。

 

 

 

悪いことが起こると何もしたくなくなる人間らしい。

f:id:rurulily:20160311091149j:plain

盗まれてからはもちろん落ち込んだし犯人を恨みましたが、保険会社やバス会社への連絡や警察署での書類作成など本当にいろいろとめんどくさいことがたくさん起こります。

 

そして最近一周回って何もしたくない虚無状態になっていました。笑

 

旅行から帰ってきた時点でくたくたに疲れていたのにこの手続きのオンパレード。もうどうせ帰ってこないものに対する理不尽な労力、動いてくれるわけない警察、生活必需品を失ったことによるQOLの低下、フランス語のできなさ、肌荒れetc まあ最後関係ないんですがひたすらぼーっとしてました。笑

そして今、このままじゃいけない!と思い我に返って記事を書いています。

 

ブログだってこれから続けていきたいと思ってるし、ちゃんと日々を全うして留学生活終えたいと思っています。

 

 

ネガティブな内容の記事になってしまいましたが読んでくださった方ありがとうございました。

 

イタリアは本当に食べ物はおいしいし見どころは多いしで最高ですが、盗難にはくれぐれもご注意ください。。

 

 

とりあえずこれからもがんばります(^◇^)

 

a bientot!